起動時に自動的にAFP接続する
公開日:2019年12月30日 最終更新日:2019年12月30日 Apple MacOS 備忘録

OSXにて起動時に自動的に【サーバーへ接続】するスクリプト
スクリプトエディタに以下の内容を書く。

tell application “Finder”

if not (disk “ディスク名” exists) then //もし”ディスク名”が存在しないなら

mount volume “afp://ユーザー名:パスワード@xxx.xxx.xxx.xxx(接続先のIPアドレス)”
//ボリュームをマウントする。
end if

end tell

スクリプトエディタ 【ファイル】→【書き出す】で上記スクリプトを
アプリケーション形式で保存する。

さらに【システム環境設定】→【ユーザとグループ】にて任意のユーザのログイン項目に先ほどのアプリケーション形式で保存したスクリプトを【ログイン項目】に追加。

これで起動時にサーバーに接続される。

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください