QGISのラベルで文字化け
公開日:2020年01月19日 最終更新日:2020年01月19日 Apple MacOS 備忘録

お客様のサイトでも利用させて頂いておりますが、Google Mapに市町村の境界線を入れるべく、kml(Keyhole Markup Language)ファイルを作成する為に国土交通省のサイトから地図データをダウンロード。今回必要なのは行政区域データなのでこちらのページよりダウンロードする。

アーカイブデータをダウンロードすると拡張子がshpファイルが含まれているのでこちらをQGIS(ダウンロードはこちらより)で開く。QGISでベクトルデータを編集してkmlに書き出します。

 

 



こんな感じで開きました。

ラベルの表示方法は画面右の【レイヤスタイル】内のラベルマークをクリックし、



最初は【ラベルなし】となっておりますがリストより【単一定義】を選択すると。



え。



と文字化けです…ハイ^^;。

さすが長らくShift_JISが標準になっているお役所関係はここでも例にもれず。UTF-8が標準のMacOSでは普通に文字化けします。G先生のお力をお借りした所、賢者様のサイトに導いて頂きました。【レイヤ】→【レイヤのプロパティ】。プロパティ画面内の【設定】→【エンコーディング】にて【Shift_JIS】を選択。

これにて文字化けは解消!!

補足をすると、今回のデータを開くと文字の標準レイヤーがこの場合はNO3_001となっており、全ての行政地区がしつこいくらい「茨城県」と表示されてしまい、ゲシュタルト崩壊を引き起こすので、レイヤの値をNO3_004に変更。

これが私の理想。

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください